08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
 ↑メアリーの畑を応援してくださる方は
 ご訪問時にクリックお願いします(^-^)/
 更新の励みにしています♪

週間天気WIDGET

プロフィール

メアリー

Author:メアリー
2015年4月より14㎡の農園ライフをスタート♪
もとは田んぼらしく、本降りの後は水没しそう
な畑ですが土にまみれた野菜育てが楽しくて! 
初心者ゆえ、ツッコミ大歓迎♪
情報交換よろしくお願いします(^-^)/

夜な夜な、情報を求めてネット徘徊中。
のぞくだけのことも多くてスミマセン(^_^;)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

あれこれ検索フォーム

ブログ内検索フォーム





楽天で探す
楽天市場

ショップ


種、苗、肥料などの園芸資材が豊富! 


品種ごとの育て方の違いや、家庭菜園に必要な情報がいっぱい!


↑金額にかかわらず送料無料の種屋さん\(^o^)/ 明治創業ナント種苗のweb店舗です♪

注目アイテム


おしゃれで息苦しくない! 日焼け対策の決定版! スキーやテニス、ジョギングする人たちに人気の【フェイスカバー C型】は畑女子の強い味方! 男性用もあります♪


ひも付きの帽子は自転車&畑女子の必須アイテム?! 蒸れない設計になっていて、夏の畑仕事も快適♪ なのに、かわいい~(//∇//)



今年は絶対、日焼けしないぞ! の決意表明の化粧水(笑)お風呂上がりに冷蔵庫から取り出してヒンヤリが気持ちいい~♪

読んで良かった\(^o^)/


たった4.5坪(15平米)の市民農園だからこその、畑の使い方・野菜の育て方の知恵と工夫が満載! ぼかし肥料や落ち葉堆肥の作り方、利用の仕方も書いてあり、狭い区画で有機栽培をしたい人は必見! イラストが多くて読みやすい実用書です(^-^)/ 


↑狭い畑をフル活用! 混色・輪作の極意がわかる本。12ヶ月の野菜の植え付けリレーが、1ヶ月1ページで図解されていて、すご~く参考になります! ボカシ肥料や、ヨモギ発酵エキスの作り方なども、豊富な写真で紹介されていてわかりやすい♪ 「野菜だより」「フクベリー」で人気の福田俊先生 監修。


春号の特集は「究極の植え合わせワザ」狭い畑必見の内容! 読んでるうち、あちゃ~間違ってたヽ(;▽;)ノみたいなこともあり興味深い内容でした。あと、カボチャときゅうりの呼び接ぎ方法も! 私の気持ち、完全に読まれてますな(爆)


無農薬・有機栽培を目指す家庭菜園応援マガジン。毎号タイムリーな内容で、実践的な事例がわかりやすく紹介されています♪ 7月号は究極のリレー栽培! そろそろ次のこと考えなくちゃ! えぇぇそうなのヽ(`Д´)ノ 相変わらず、ためになることが多いマイ・教科書です♪


堆肥は畑の土のご飯! 堆肥って奥が深いです~
この本を読んで、落ち葉堆肥作ってます(^-^)/


粘土質の土の改善、発酵、マルチング…安く(地域によってはタダで?!)大量に手に入るモミガラは、実はお宝なんじゃないか?! ということに気がついてしまった…。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

もみ殻 約90リットル
価格:842円(税込、送料別) (2016/7/27時点)


本当に90リットル?!
と疑いたくなる圧巻のボリューム! 


↑農家の方たちの知恵と実践例がぎっしり! 

使ってます\(^o^)/

丸い面でしっかり抑えてくれて、抜きやすいデザイン♪ 土にまみれて見えにくくなるマルチ抑え、目立つ「赤」は重宝します!


弾力性があって、円形トンネルも、馬蹄形のトンネルもOK! 錆びないし、土から抜くと、まっすぐに戻るスグレモノ♪



近所でくん炭の大袋が売ってないのでネットで購入。 50リットル780円は、送料払っても安い!

ありがとうございます\(^o^)/

anather blog

farmer's blog \(^o^)/

月別アーカイブ

【排水対策】 掘り当てたものは?!

2015.10.23 20:15|排水対策
今日もメアリーの畑に遊びに来てくださって
ありがとうございます \(^o^)/♪


これまで、
畑の土を「良くする」ことばかり考えていて
腐葉土や、バーク堆肥、くん炭、モミガラなど
いろいろな有機物を土に混ぜてきました。

で、残菜も、堆肥箱で発酵分解したり
畝立て前に 畝の下に埋めたりしていたのですが
正直、畝の真下に埋めるのはちょっと心配で…
(発酵熱やガスで根が被害うけることも)

そんな時、



↑この本を読んで、畝の下じゃなくて
「畝間に埋めると良い」ということを知りました!

もしかしたら、諸先輩がたから見れば
常識なのかもしれませんが
この「畝間に埋める」という発想は
私にとっては とっても新鮮だったんです\(^o^)/

そこで、10月21日

すぐに分解が進みそうなものは
土表面に広げておき、
硬い枝や、根っこは、畝間に埋めることにしました。


で、穴を掘り始めたのですが

ふと、この本に書いてあったことが頭をよぎり。



↑109ページ

「畝間がカチカチで雨が降れば水たまりになります」

なになに、雨が降るとまるで池のようになる…

まるで、うちの畑みたいな
お悩み相談が載っている Σ(゚д゚lll)


と思って、食いついて読んでいたら

私が投稿した
お悩み相談だったんですぅ ( ̄▽ ̄;)


(投稿したこと、すっかり忘れてたぁ~アハハ)


その解決方法の1つに
福田俊先生からこんなアドバイスをいただきました。

「地下数十cmのところにある硬盤層をぶち抜かないと
 排水不良は解決しません。
 ~(中略)~
 私の場合は畝間部分にショベル幅で
 深さ1mの穴を一筋掘る、部分深耕を
 やってみました。(以下略)」


ちょっと試しに穴を掘ってみようかな (・∀・)

穴

もともと粘土質の畑なので
けっこう穴ほりは大変!


私には徳川の埋蔵金探しはできません!

こういう仕事は、秋晴れの日じゃなくて
寒い季節にやるものですわ! ( ̄▽ ̄;)
水筒持参してて良かったぁ~

最初は粘土質の黒っぽい土でしたが
30cmほど掘ると 「黄色い粘土」がでてきて
さらに10cmほど掘ると、今度は「白い粘土」がでてきて

さらに掘ると…

ザクッ Σ(゚д゚lll)えっ小判か?!


いえいえ、埋蔵金じゃなくて、
ザラザラの砂土です~

白っぽくて、粒が荒い真砂土みたいな感じ。

 もしかして、もしかして、これって、
硬盤層をぶちぬけたということ?!

もし、そうなら、うちの畑では
60cm掘って埋めもどせば大丈夫かも?!

福田先生のアドバイスでは、
どこか畝間一列全部掘るようにと書かれていたので
もう少し寒くなったらチャレンジしてみようと思います。


私のお悩み相談を取り上げてくださった
学研の編集部の皆さん、
福田俊先生、
ありがとうございましたぁ! \(^o^)/




にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ   ←メアリーの野菜づくりを応援していただける方は
   ポチっとクリックお願いします♪ (^-^)/
   更新の励みにしています♪♪ 

テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント